大阪市のホワイトニング|いし川デンタルクリニック

歯を失っている

歯を失った場合の治療方法

歯を喪失した場合、その部分を補う治療方法は次の3つがあります。

 

ブリッジ 入れ歯(義歯) インプラント(人工歯根)
ブリッジ 入れ歯 インプラント
利点:
  • 固定式であるため違和感がほとんどない。
  • 自分の歯とほとんど同じ感覚である。
利点:
  • ブリッジでは出来ない多数歯欠損に有効。
  • 隣りの歯を削らなくても良い。
利点:
  • 固定式であるため違和感がほとんどない。
  • 自分の歯とほとんど同じ感覚で噛める。
  • 隣の歯を削らなくてもよい。
  • ブリッジ、入れ歯に比べ一番天然歯に近い状態を再現できる。
欠点:
  • ブリッジの固定源となる隣の歯を削る必要がある。
欠点:
  • 装着時の違和感がある。
  • 噛む力が健康な歯の30~40%になる。
  • ガタつきやすい。
欠点:
  • 適応症例が限定される。
  • 費用と時間がかかる。
費用:
  • 保険診療と自費診療で異なります。
    保険→金属orレジン(プラスチック)
    自費→セラミック(ポーセレン)
費用:
  • 保険診療と自費診療で異なります。
    保険→レジン床(プラスチック)
    自費→金属床(チタンorコバルトクロム)
費用:
  • 自費診療のみになります。
  • 手術、チタン製人工歯根、セラミック(ポーセレン)クラウン、印象代などがかかります。
インプラントの詳細>>