大阪市のホワイトニング|いし川デンタルクリニック

| 審美歯科Q&A |

保険治療で前歯を「かぶせる歯」で治療するのはどのようなものですか?
現在の保険歯科治療で出来るかぶせる歯には、レジンジャケット冠と硬質レジン前装冠があります。
これらは、上の前歯6本、下の前歯6本の計12本にしか使用できません。
また、奥歯には基本的に金属色の歯しか入れることができません。このレジンという材質は、ある程度の色調しか再現ができない為、周りの歯と完全に同じ色に合わせることは材質上不可能です。また吸水性があるため2~3年の年月の間に 黄色く変色しやすいです。
さらに材質が歯に比べやわらかいため磨耗が早く、一時的に入れるのには適していますが、本当の口元の美しさを求める方には不向きです。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。