大阪市のホワイトニング|いし川デンタルクリニック

| 審美歯科Q&A |

なぜ歯は変色するのですか?
変色には様々な原因があります。
一般的に考えられる原因として加齢が大きく関係しています。
歯の色というのは、歯表面のエナメル質(半透明色)とその内にある象牙質(黄褐色)の色で決まります。歯の構造は年齢と共にエナメル質は薄くなり、象牙質の厚みが増してきます。
このため年を重ねると共に歯は黄ばんで見えるようになります。他の変色の原因としては、お茶、コーヒー、紅茶、タバコなどによる着色、さらに、外傷や歯の古い修復物によるものがかんがえられます。
歯の神経が無い場合や、発育期に服用した抗生物質による副作用などが原因のケースも考えられます。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。