大阪市のホワイトニング|いし川デンタルクリニック
大阪市の審美歯科 HOME>審美歯科メニュー

インプラント

CT検査について
当医院ではインプラント手術を安全に行うために CT画像解析をしています。 北野病院と連携をとっております。

お気軽にメールおよびお電話にてご相談ください。
歯を失ってお悩みの方へ
インプラント

世界の常識

歯を失った時はインプラント治療がもうすでに第一選択となっています。
ブリッジや入れ歯よりも優先されます。
日本ではまだまだ迷いの時代ですが、正しいインプラント治療では大きなメリットがあります。

インプラントのメリット・デメリット
インプラントのメリット
  1. 使い勝手が快適
    自然なので、普段はお口のことを忘れていられます。
    何でも噛めます。硬いものも、粘るものも、薄いものも、自分の歯と違いがありません。糸切り歯で糸も切れます。
    話をするときもガタついたり、とつぜん外れたりしません。
  2. 見た目も自然
    大きな口を開けて、思い切りお腹の底から笑えます。
    使い勝手が良いだけでなく、腕の良い技工士によって自然に仕上がるからです。
  3. 自分の歯が残せる
    ブリッジなどのように、隣の歯を削る必要が全くありません。
    それどころか、隣や反対側など残っているご自分の歯を守ってくれるので、歯が一生残せる可能性がぐんと高くなります。
    特に残りの歯が弱っている場合は、インプラントが強力な味方になって、助けてくれることが少なくありません。
  4. 手入れはご自分の歯と同じかそれよりも楽
    もうインプラントの歯が、虫歯になることは全くないのです。
    歯周病は予防しなければなりませんが、自然の歯よりも手入れが楽になることが多いのです。
  5. 長持ちする
    スウェーデンで第一号の治療を受けた人は42年間無事に使いました。
    インプラントは全く問題がありませんでしたので、長生きされればもっと使い続けたに違いありません。
    その後、何百万人もその記録を目指して続いています。
    ブリッジや入れ歯よりも長持ちします。
  6. 楽しくなります
    もう嫌なことが終わりになるので安心して暮らせます。 毎日が楽しくなります。
  7. 長い目で見れば得
    目先をみると、入れ歯よりは治療費は高くなりますが、長期でみればとても経済的です。
    40年持てば1年あたりの費用はとても割安です。
    また、もう繰り返し悪化することがなくなれば、大きな出費が突然出てくる心配も消えます。

インプラントのデメリット
  1. 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要
    今まで歯の治療を失敗した人は、結局歯を失った。 もしこれから手術を失敗すれば、体の大事なものを失うリスクがある。
    それだけ、慎重に、清潔に、正確な治療が必要とされる。
  2. 診査の結果、インプラント治療が行えない場合がある
  3. 一般的な入れ歯やブリッジに比べて目先の治療費が高い
  4. 入れ歯やブリッジに比べて通院期間が長い
  5. 高度な医療水準が必要
    インプラントは通常の歯科治療の基礎があって初めて高度な成果が得られます。
    つまり以下のような普通の治療は完全にマスターしていなければなりません。
  6. 基本的な治療技術は卒業した歯科医師が必要
    抜歯などの外科手術
    つめもの・被せものなどの噛み合わせの治療
    差し歯などの自然な美しさを回復する治療
    治療期間中に仮の歯を使う場合は、入れ歯の治療
    たくさん歯を失った場合には顔の若さの回復のために、総入れ歯の治療