大阪市のホワイトニング|いし川デンタルクリニック
大阪市の審美歯科 HOME>審美歯科メニュー

ジルコニア

CAD/CAMの最新技術により削り出し精度の高いジルコニアクラウンを作ります。
ジルコニア

今までの歯の作り方は、金属を溶かし、クラウンの形にしていましたが、CAD/CAMの最新技術により削り出し精度の高いジルコニアクラウンが出来上がります。歯科におけるジルコニアの応用がこれからの歯科の世界を大きく変えいきます。


 

今、殆どの患者さんの歯の治療で装着されているものは金属が多いですが、日本の保険制度で奥歯は金銀パラジウム合金とレジン樹脂しか使える材料がないからです。

それと以前は歯科医師の中で一番よい詰め物は金合金の詰め物というのが常識でありましたが、金属は加工しやすいという特徴があるが錆びるという欠点があり金属アレルギーになる可能性があります。

ジルコニアは加工しにくいという欠点があったのですが、最近CAD/CAMと呼ばれるコンピューターで外形を読み取り正確に機械加工で削りだすことが可能になったことからいよいよ実用段階にはりました。

ジルコニア